FC2ブログ
2020-03-24(Tue)

【国内旅行業務取扱管理者試験】平成26年度第1問




以下の各設問について,該当する答を,選択肢の中からそれぞれ1つ選びなさい。
(1)次の記述から,法第1条「目的」に定められているもののみをすべて選んでいるものはどれか。
 a.旅行者に対する接遇の向上
 b.旅行者の利便の促進
 c.旅行業等を営む者の組織する団体の自由な活動の促進
 d.旅行業務に関する取引の公正の維持

ア.c,d  イ.b,d  ウ.a,c  エ.a,b


正解:イ(配点:4)
解説:

(2)報酬を得て,次の行為を事業として行う場合,旅行業の登録を受けなければならないものはどれか。
 ア.観光案内所が旅行者から依頼を受け,当該旅行者のために他人の経営する宿泊施設の手配をし,当該宿泊施設から宿泊代金の割戻しを受ける行為
 イ.旅行業者から手配業務を受託するランドオペレーターが旅行業者から依頼を受け,当該旅行業者のために運送等サービスの手配を行う行為
 ウ.宿泊業者が航空会社を代理して,その航空券のみを旅行者に販売する行為
 エ.観光タクシー会社が,自ら所有する観光タクシーを使い,他人が経営するテーマパークに半日入場することを目的とする日帰り旅行を旅行者に販売する行為


正解:ア(配点:4)
解説:

(3)旅行業等の登録に関する次の記述のうち,正しいものはどれか。
 ア.第1種旅行業の有効期間の更新の登録がなされたときは,その登録の有効期間は,従前の登録の有効期間の満了の日から起算するものとする。
 イ.旅行業者代理業の新規登録の申請をしようとする者は,所属旅行業者の主たる営業所の所在地を管轄する都道府県知事に新規登録申請書を提出しなければならない。
 ウ.第3種旅行業者が登録の有効期間の満了の日までに更新登録の申請を行った場合で,登録行政庁から更新登録又は登録拒否の通知があるまでの間は,従前の登録は有効期間の満了後も,なおその効力を有する。
 エ.本邦外の企画旅行(参加する旅行者の募集をすることにより実施するものを除く。)を実施する第2種旅行業の新規登録の申請をしようとする者は,観光庁長官に新規登録申請書を提出しなければならない。


正解:ウ(配点:4)
解説:








スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

||中央特快||高尾||

Author:||中央特快||高尾||
お疲れ様です。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
カレンダー
02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード