FC2ブログ
--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2018-01-29(Mon)

【高校入試】東京都英語平成18年度第4問

問題:東京都英語平成18年度第4問
難易度:Bランク
解答時間の目安:15分

≪問題≫
4 次の文章を読んで,あとの各問に答えよ。
  (*印の付いている単語・語句には、本文のあとに〔注〕がある。)

  Jennifer was ten years old. She had a brother Bill. He was sixteen. He was a *leader of children’s activities in the *community. He sometimes asked Jennifer to join them, but she *wasn’t ready to do things with children she didn’t know.
  One winter, when Jennifer was thirteen, some people of the community took a group of children to the mountains for *skiing. Bill joined them. He had to take Jennifer with him because their parents were going to go out of town. She didn’t want to go, but she had to go with him.
  She tried skiing for the first time. She fell in the snow many times. It was very difficult for her. Her legs got very tired. But at the end of the third day, she and other children were enjoying skiing very much. They were happy and laughed a lot. Jennifer *became good friends with other children.
  Four years later, when Jennifer was seventeen, Bill thought it was her *turn to *take care of younger children in the community. He wanted her to help him with the children’s activities. But she didn’t think she was ready to do so.
  Then, in summer, Bill asked Jennifer to take some children to the mountains with him to *hike. Jennifer didn’t think it would be difficult, so she said yes. Jennifer and Bill took twelve children to the mountains with some other people from the community. On the first day they stayed in a village near the mountains. The next morning they started to hike. They had a plan to go to a lake in the mountains and to get back to the village before night.
  After walking for about an hour, a little girl in the group said, “I *don’t want to walk any more.” Jennifer had to *encourage her. Then a boy fell down and cried for a while. She held his hand and waited for a while before he stopped crying. Then another girl said, “I don’t like that boy. He said a very bad thing to me.” She had to listen to her for about ten minutes. And then another boy said, “I’m hungry. I want to eat my lunch here.” Jennifer said, “We will have lunch when we got to the lake. I think having lunch there will be better than having it here.” Those four children were a little younger than the other children in the group. Jennifer wanted to be kind to them, but it was hard to do so because they *made so much trouble.
  While they were walking, Jennifer asked the four children about their schools, friends, and families. They began to talk with Jennifer. She listened to them and asked more questions. They sometimes laughed. She felt a little happier for the first time on that day.
  The group got to the lake at one in the afternoon. All of the children were happy, *especially those four children. They had lunch by the lake. While they were having lunch, Jennifer told Bill about the four children. “At first they were making too much trouble. I wanted to take them back to the village. But then I began to talk to them, and they stopped making trouble. I think they began to like me.”
  While they were walking back to the village, Jennifer enjoyed walking and talking with the four children. They looked happy. They didn’t make trouble any more. Jennifer and the four children laughed a lot. They became good friends.
  It was five o’clock when the group got back to the village. The four children were very tired. But all of them were happy. Jennifer was happy, too. She was ready to become a children’s leader at last. That was the thing she knew about *herself then. She thought, “I hope today’s hiking has made those four children a little stronger.”
〔注〕leader リーダー  community 地域社会  be ready to ~ ~する心の準備ができている  skiing スキー  become good friends with ~ ~と仲の良い友達になる  turn 順番  take care of ~ ~の世話をする  hike ハイキングに行く  not ~ any more もう~でない  encourage 励ます  make trouble めんどうを起こす  especially 特に  herself 彼女自身

〔問1〕But she didn’t think she was ready to do so.の内容を,次のように書き表すとすれば,【     】の中に,下のどれを入れるのがよいか。
    But Jennifer 【     】.
   ア was ready to take care of younger children
   イ wasn’t ready to go to a lake in the mountains
   ウ was ready to stay in a village near the mountains
   エ wasn’t ready to help Bill with the children’s activities

〔問2〕次のア~エの文を,本文の内容の流れにそって並べ,順に記号で書け。
   ア Jennifer became good friends with other children when she tried skiing for the first time.
   イ When Jennifer was ten, she wasn’t ready to do things with children she didn’t know.
   ウ Jennifer and the four children became good friends while they were walking back to the village.
   エ Bill asked Jennifer to take some children to the mountains with him to hike.

〔問3〕次の(1)~(3)の文を,本文の内容と合うように完成するには,【     】の中に,それぞれ下のどれを入れるのがよいか。
   (1) Jennifer had to go with her brother Bill for skiing because 【     】.
    ア she fell in the snow many times
    イ their parents were going to go out of town
    ウ her legs got very tired
    エ skiing was very difficult for her

   (2) Jennifer had to encourage a little girl in the group when 【     】.
    ア the girl didn’t want to walk any more
    イ the girl fell down and cried for a while
    ウ a boy said a very bad thing to the girl
    エ the girl wanted to have lunch before getting to the lake

   (3) Jennifer felt a little happier for the first time on that day when 【     】.
    ア the four children were making too much trouble
    イ she wanted to take the four children back to the village before lunch
    ウ the four children began to talk with her and sometimes laughed
    エ the group got to the lake and had lunch there

〔問4〕次の質問に英語で答えよ。
   (1) What was hard for Jennifer when the four children made so much trouble?
   (2) What did Jennifer know about herself when she got back to the village?


≪解説≫
1.全訳
 Jenniferは10歳であった。彼女には兄のBillがいる。彼は16歳だった。彼はその地域の子供らの活動のリーダーをしていた。彼はよくJenniferにそれに入らないかと尋ねていたが,彼女は知らない子供らと一緒に何かをすることの心の準備ができていなかった。
 ある冬,Jenniferが13歳のとき,地域のある人たちがスキーをしに子どもらを山へ連れて行った。Billもそれに加わっていた。両親が町の外へ出かけることになっていたため,彼は一緒にJenniferを連れていかなければならなかった。彼女は行きたくなかったが,行かなければしょうがなかった。
 彼女はスキーをするのは初めてだった。何回も雪の上で転げた。彼女にとっては難しいことだった。脚が大変疲れた。しかし3日目の終わりになると,彼女と他の子どもらはスキーをとても楽しんでいた。彼らは嬉しくなってよく笑っていた。Jenniferは他の子どもらと仲良くなった。
 4年後,Jenniferが17歳のとき,Billは,次に地域で小さい子供らの世話を見るのは彼女の番だと考えた。彼は彼女に子どもらの活動を手伝ってほしかった。しかし彼女はそうする心の準備ができていないと思った。
 そして,夏に,BillはJenniferに一緒にハイキングをしに山へ数名の子どもらを連れていくよう頼んだ。Jenniferは難しいことではないと考えていたので,分かったと言った。JenniferとBillは地域の違う人たちと一緒に山へ子どもらを12人連れていった。1日目は山の近くの村に宿泊した。次の日の朝からハイキングを始めた。彼らは山の湖まで行き,夜までに村に戻ってくる予定であった。
 1時間ほど歩くと,1人の少女が「もう歩きたくない。」と言った。Jenniferは励ましてやらねばならなかった。すると1人の少年が転んで,しばらく泣いていた。彼女は手を持って,泣きやむまでしばらく待っていた。するともう1人の少女が「私あの男の子嫌い。だって私にすっごい嫌なこと言ってくるんだもん。」と言った。彼女は10分間にわたって彼女のことを聞いていなければならなかった。そしてもう1人の少年が「お腹すいた。ここで昼飯食べたい。」と言いだした。Jenniferは「昼ごはんは湖に着いたら食べるの。そこで食べる方がここで食べるよりもいいじゃない。」と言った。その4人はグループの中でも他の子どもらよりも年下だった。Jenniferは彼らに優しく接しようと思ったが,彼らがトラブルばかり起こすので,そうし難かった。
 彼らが歩いている間,Jenniferはその4人子どもらに,学校のことや友達,家族のことについて尋ねた。彼らはJenniferと話すようになった。彼女は彼らの話を聞いて,また質問をした。彼らは時々笑った。彼女はその日の最初よりも少し嬉しく思った。
 一行は午後1時に湖に着いた。子どもら皆,特に4人は嬉しく思っていた。湖の畔で昼飯を食べた。昼飯を食べてい間,JenniferはBillに4人の子供について話をした。「最初,彼らは多すぎるくらいトラブルばっか起こしていたわ。村へ連れて帰ってやりたかった。だけど,そのときに私が彼らに話しかけると,トラブルを起こさなくなったの。思うに,私のこと好きになり始めたんじゃないかしら。」
 村へ戻る間,Jenniferは歩きながら4人の子供らと話をするのを楽しんだ。彼らは嬉しそうに見えた。彼らはもうトラブルを起こさなかった。Jenniferと4人の子どもらはたくさん笑った。彼女らは仲良くなった。
 一行が村へ戻ったのは5時だった。4人の子どもらはとても疲れていた。しかし皆嬉しそうだった。Jenniferもまた嬉しかった。最終的に彼女は子どもらのリーダーになる心の準備がついていた。そのとき彼女自身に分かったことだった。彼女は「私は,今日のハイキングで4人の子どもたちは少しだけ強くなったと願っている。」と思った。

2.各問解答・解説
〔問1〕(配点:4) 解答:エ
 要旨となっている文を解釈することで,内容についての理解を見る問題である。to do soとあるので,この部分は直前のto不定詞句との重複を避けるために代わって置かれているものである。逆接の接続詞butから始まっているので,下線部の直前の文と相反する内容が空欄には入ることとなる。直前では,BillはJenniferに子どもらの世話をさせようとしていることが書かれている。
ア しかしJenniferは子どもらの世話をする心の準備ができていた。
→誤り。直前の文と相反しない。むしろ順接の内容となっている。
イ しかしJenniferは山の湖へ行く心の準備ができていなかった。
→誤り。Jenniferが湖へ子どもらを連れていくことになったのは,次の段落からの話である。
ウ しかしJenniferは山の近くの村に宿泊する心の準備ができていた。
→誤り。Jenniferが山の近くの村に滞在したのは,イと同様次の段落からの話である。
エ しかしJenniferはBillの子どもらの活動を手伝う心の準備ができていなかった。
→正しい。to do soは直前のto help him with the children’s activitiesを指している。

〔問2〕(配点:4) 解答:イ→ア→エ→ウ
各肢を並べ替えることによって,内容の流れをつかむとともに,その要旨を捉えることができるかを見る問題である。本文をしっかり読んだうえで,各肢との適合部分を本文中から探し出す。
ア Jenniferは初めてスキーに挑戦したとき,他の子どもらと仲良くなった。
→本文該当箇所は3段落目全体。She tried skiing for the first time. …… Jennifer became good friends with other children.
イ Jenniferが10歳のとき,知らない子どもらと一緒に何かをする心の準備ができていなかった。
→本文該当箇所は1段落目全体。Jennifer was ten years old. …… she *wasn’t ready to do things with children she didn’t know.
ウ Jenniferと4人の子どもら村へ戻る間に仲良くなった。
→本文該当箇所は9段落目全体。While they were walking back to the village, …… They became good friends.
エ BillはJenniferにハイキングをしに一緒に山へ子どもらを連れていくよう頼んだ。
→本文該当箇所は5段落目1行目。Bill asked Jennifer to take some children to the mountains with him to hike.

〔問3〕
 空欄に適切な文を挿入することで,内容の理解を見る問題である。問題文の空欄以外の部分に記載されている英文を頼りに,同趣旨または一致する該当箇所を本文から探し,適切な肢を選べばよい。
(1) (配点:4) 解答:イ
  「……のため,JenniferはBillとスキーへ行かなければならなかった。」とあるので,本文2段落目2行目 ……, but she had to go with him.と一致する。Jenniferが嫌々ながらスキーへ行く羽目になった原因を表している肢を選ぶ。
 ア 雪の上で何度も転んだため
 →誤り。これはスキーへ行ってからの事実の摘示であり,スキーへ行くことになった原因ではない。
 イ 両親が町の外へ出かけることになっていたため
 →正しい。直前にbecause their parents were going to go out of town.との記載がある。
 ウ 脚がとても疲れたため
 →誤り。これもアと同様スキーに行ってからの話である。
 エ 彼女にはスキーはとても難しかったため
 →誤り。これもアと同様スキーに行ってから,彼女が気付いた話である。
 
(2) (配点:4) 解答:ア
  「……とき,Jenniferは少女を励まさなければならなかった。」とあるので,本文6段落目1行目 Jennifer had to encourage her.と一致する。なぜJenniferが少女を励ますことになったのかを表している肢を選ぶ。
 ア 少女はもう歩きなくなかったというとき
 →正しい。直前にa little girl in the group said, “I don’t want to walk any more.”とある。
 イ 少女が転んでしばらく泣いていたとき
 →誤り。本文6段落目2行目にはThen a boy fell down and cried for a while.とあるので,主語が違う。
 ウ 少年が少女に嫌なことを言ってきたとき
 →誤り。本文6段落目2行目にはThen another girl said, “I don’t like that boy. He said a very bad thing to me.”とあるので,Jenniferが励ますことになった少女とは別の少女である。
 エ 少女が湖に着く前に昼飯を食べたいというとき
 →誤り。本文6段落目3行目にはAnd then another boy said, “I’m hungry. I want to eat my lunch here.”とあるので,主語が違う。

(3) (配点:4) 解答:ウ
  「……とき,Jenniferはその日の始めの頃よりは少し嬉しく感じた。」とあるので,本文7段落目最終文She felt a little happier for the first time on that day.と一致する。Jenniferが嬉しく思った原因を周辺から探し,適切な肢を選ぶ。
 ア 4人の子どもらが多すぎるほどのトラブルを起こしていたとき
 →誤り。本文の流れとしては,「4人の子どもらがトラブルを起こしまくる。」→「Jenniferが子どもらと話をする。」→「子どもらが時々笑うようになる。」→「Jenniferは少し嬉しくなった。」となっているので,子どもらがトラブルを起こしていたことはむしろJenniferが嬉しくなった原因とは真逆の事実である。
 イ 昼飯前に村へ子どもらを連れて帰りたかったというとき
 →誤り。本文6段落目最終文にJennifer wanted to be kind to them, …… とあるが,Jenniferがこのように思ったのは,子どもらがトラブルを起こしまくっていたためであるから,アと同様真逆の事実である。
 ウ 4人の子どもらが彼女と話し始め時々笑ったとき
 →正しい。本文7段落目にある。
 エ 一行が湖に着き,そこで昼飯を食べたとき
 →誤り。これは本文8段落目にある事実であるが,Jenniferが嬉しく思った後の話であるから,直接の原因とはなっていない。

〔問4〕
(1) (配点:4) 模範解答:It was hard to be kind to the four children.

  4人の子どもらが多すぎるほどのトラブルを起こしたとき,何がJenniferにとってつらかったか。
 →この場面は本文6段落目に書いてある。最終文に ……, but it was hard to do so ……とあるが,to do soの内容は直前のto be kind to themである。仮主語は用いなくてもよいが,用いた方がすっきりする。
(2) (配点:4) 模範解答:She knew (that) she was ready to become a children’s leader at last.
  Jenniferが村に着いたとき,彼女自身のことについて何を知ったか。
 →この場面は本文10段落目に書いてある。2行目にThat was the thing she knew about herself then.とあるが,Thatの内容は直前のShe was ready to become a children’s leader at last.を指しているので,これらをまとめて1文に直せばよい。

以 上


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

||中央特快||高尾||

Author:||中央特快||高尾||
お疲れ様です。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。