FC2ブログ
--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2018-01-29(Mon)

【高校入試】東京都英語平成20年度第4問

問題:東京都英語平成20年度第4問
難易度:Aランク
解答時間の目安:12分

≪問題≫
4  次の文章を読んで,あとの各問に答えよ。
  (*印の付いている単語・語句には、本文のあとに〔注〕がある。)

  Fred became a member of a baseball team for little boys when he was seven. He practiced on a *field near a river. He enjoyed baseball with his *teammates.
  When he became a junior high school student, he joined the baseball club. One summer day the *manager said to him, “Fred, *pitch to me.” Fred did that. The manager said, “Nice pitching! You’ll be a good pitcher.” Fred was very glad. He became a pitcher.
  It was fun for him to pitch in games. When he pitched, his team won. But things were getting bad. He began to think the team was winning *only because of him. He *lost his temper when his teammates *made errors. He always tried to get *strikeouts, but often *failed. His teammates didn’t feel good. The team began to lose games. The manager said, “Remember, Fred. You’re not just a pitcher. You’re one of the team.” The manager stopped using him.
  One day Fred was sitting by the river and *was deep in thought. Then he heard a *voice. Someone was singing. He looked around. A girl was playing the guitar and singing. He spoke to her, “Hi, I’m Fred. That was a nice song.” She said, “Thank you. I’m Jane. I wrote it. What are you doing here?” He said, “I love baseball. But now it’s not fun.” He told her his story about baseball. She said, “Listen, Fred. I love singing. I write songs and visit a hospital to sing for people. They *look forward to my visits. When I’m with them, they look happy. I’m happy, too.” He felt something warm in his heart. He wanted to be like her and told that to her. She said, “I think you can. Look, those little boys are playing baseball on the field over there. How about teaching them? They’ll be glad.” He said, “Will they? OK, I will.”
  He walked to the field and asked a little boy, “Can I join you?” The boy smiled and answered, “Sure!” Fred taught the boys how to throw, catch and hit balls. Each boy was enjoying baseball. He thought, “They’re *sharing a good time. I was like them when I was little.” In the evening, a boy smiled and said to him, “We had a very good time today. Please come to teach us again.” He looked around. Everyone was smiling. He said to the boys, “I had a very good time, too. See you.” Then he left the field.
  That night Fred remembered Jane’s words and thought, “Doing favorite things can make people happy.” And then he thought about the boys. He thought, “They shared a very good time together through baseball. Now I understand what the manager meant.”
  Then next day he said to his teammates, “I’m so sorry. *I was selfish. I want to enjoy baseball with you. I’ll try my best to pitch well.” The manager smiled and listened. After that Fred practiced very hard with his teammates. They began to *accept him.
  The manager gave Fred a chance to pitch in a game again. The little boys came to watch him. He tried his best for everyone. He pitched through the game and his team won. Everyone was glad and came to him. He was really happy. He felt that sharing a good time with people around him was wonderful. He looked up at the blue sky. Just then there was a girl’s voice, “Nice pitching!” He looked back and saw Jane. She was smiling.

〔注〕field 野球場 teammate チームメート manager 監督 pitch 投球する only because of ~ ~だけで  lost his temper 腹を立てた make errors エラーをする strikeout 三振 fail 失敗する  be deep in thought 物思いにふける voice 声 look forward to ~ ~を楽しみに待つ share 共有する  selfish 自分勝手な accept 受け入れる

〔問1〕But things were getting bad. とあるが,この内容を,次のように書き表すとすれば,【     】の中に,下のどれを入れるのがよいか。
    【     】, and then the manager stopped using him.
   ア Fred became selfish, the team began to lose games
   イ Fred’s teammates became selfish, he didn’t feel good
   ウ Fred pitched well, his teammates didn’t make any errors
   エ Fred’s teammates felt the team was winning only because of him

〔問2〕次のア~エの文を,本文の内容の流れにそって並べ,順に記号を書け。
   ア Fred said sorry to his teammates.
   イ Fred told Jane his story about baseball.
   ウ Fred wanted to be like Jane and told that to her.
   エ Fred joined the little boys and taught them how to play baseball.

〔問3〕次の(1)~(3)の文を,本文の内容と合うように完成するには,【     】の中に,それぞれ下のどれを入れるのがよいか。
   (1) One summer day 【     】, and that made Fred very glad.
    ア Fred’s teammates asked him to be a pitcher
    イ the manager told Fred to join the baseball club
    ウ the manager said that Fred would be a good pitcher
    エ Fred’s teammates asked the manager to pitch in front of them

   (2) Fred said to his teammates that he would 【     】.
    ア leave the field alone
    イ try his best to pitch well
    ウ make people in the hospital happy
    エ practice hard to stop making errors

   (3) When Fred pitched in a game and won again, he 【     】.
    ア found he was just a pitcher in the baseball club
    イ began to know why his teammates didn’t accept him
    ウ understood why the manager didn’t use him as a pitcher
    エ felt that sharing a good time with people around him was wonderful

〔問4〕次の質問に英語で答えよ。
   (1) Where did Fred meet Jane for the first time?
   (2) What did Fred think when he remembered Jane’s words that night?


≪解説≫
1.全訳
 Fredは7歳のときに,少年野球チームのメンバーになった。彼は川のそばの野球場で練習をした。彼はチームメートと野球を楽しんだ。
 彼は中学生になると,野球部に入った。ある夏の日,監督が彼に「Fred,投球してみろ。」と言った。Fredは投球した。監督は,「ナイスピッチング!君は良いピッチャーになれるよ。」と言った。Fredはとても嬉しかった。彼はピッチャーになった。
 彼にとって試合で投球することが楽しみだった。彼が投げると,彼のチームは勝った。しかし,事は次第に悪くなっていった。彼は,彼だけのおかげでチームが勝っているものだと思い始めた。彼はチームメートがエラーをすると腹を立てた。彼は常に三振をとろうとして,よく失敗した。チームメートはそれを良く思わなかった。(彼の)チームは負けるようになった。監督は「思い出せ,Fred。おまえはただのピッチャーじゃない。おまえはチームの1人なんだ。」と言った。監督は彼を使うのをやめた。
 ある日,Fredは川岸に腰を掛け,物思いにふけっていた。すると,声が聞こえてきた。誰かが歌っていた。彼は辺りを見渡した。1人の少女がギターを弾きながら歌っていた。彼は彼女に「よう,俺はFred。良い歌だね。」と話しかけた。彼女は「ありがとう。私はJane。私が(この歌の歌詞を)書いたの。あなたはここで何をしているの。」と言った。彼は「俺は野球が大好きなんだ。だけど,今はそれが楽しくない。」と言った。彼は彼女に彼の野球の話をした。彼女は「よく聞いて,Fred。私は歌うことが大好き。私は歌詞を書いて,いろんな人に歌うために病院へ行く。彼ら(病院にいる人たち)は私が来ることを楽しみにしている。私が一緒にいると,みんな嬉しそう。私もうれしいわ。」と言った。彼は心に何か温かいものを感じとった。彼は彼女のようになりたいと思い,そのことを彼女に伝えた。彼女は「あなたなら出来ると思う。見て,少年たちが向こうの野球場で野球をしているわ。彼らに教えてきてあげたらどう?彼らは嬉しがると思うわ。」と言った。彼は「彼らに?よっしゃ,やるよ。」と言った。
 彼は野球場に歩いていき,少年らに「俺も入れて。」と言った。少年は微笑んで「もちろん。」と答えた。Fredは少年らに投げ方,捕え方,打ち方を教えた。各々が野球を楽しんでいた。彼は「彼らは良い時間を共有している。私も小さい頃は彼らみたいだった。」と思った。夕方,少年は笑顔で彼に「今日はとても良い時間を過ごせました。また私たちに教えに来てください。」と言った。彼は周りを見渡した。全員笑顔だった。彼は少年らに「俺もとても良い時間を過ごせた。またな。」と言った。そして,彼は野球場を去った。
その晩,FredはJaneの言葉を思い出し,「好きな事をすることで人々を幸せにすることができる。」と思った。そして,彼は少年らのことについて想起した。彼は「彼らは野球を通してとても良い時間を共有していた。やっと監督の意味するところが分かった。」と考えた。
 次の日,彼はチームメートに「本当にすまなかった。俺は自分勝手だった。お前たちと野球を楽しみたいと思う。俺はうまく投球するために最善を尽くす。」と言った。監督は笑顔で聞いていた。そのあと,Fredはチームメートととても一生懸命練習した。彼らは彼を受け入れるようになった。
 監督は再び試合で投球するチャンスをFredに与えた。少年らが彼を見に来ていた。彼は皆のために全力を出した。彼は完投し,彼のチームは勝った。皆が喜び,彼のもとへ寄った。彼はとても嬉しかった。彼は,彼周りの人たちと良い時間を共有することは素晴らしいことだと感じた。彼は青空を見上げた。ちょうどその時,「ナイスピッチング!」という少女の声が聞こえた。彼は振り向くと,Janeが視界に入った。彼女は微笑んでいた。

2.各問解答・解説
〔問1〕(配点:4) 解答:ア
 But things were getting bad.の内容について問うことで,内容についての理解を見る問題である。getting badとあるので,内容としては「悪」そうなことが空欄に入るものと考えられる。また,前半の空欄部分と後半のand then the manager stopped using him.とは,等位接続詞andで結ばれているが,因果関係にあるものと考えてよいだろう。そこで前半の空欄部分に入る内容が,he manager stopped using him.となるに至った原因である。
ア Fredは自分勝手になり,チームは試合で負けるようになり始め,そして監督は彼を使うのをやめた。
→正しい。同様の内容が本文3段落目に書かれている。
イ Fredのチームメートは自分勝手になり,彼はそれを良く思わず,そして監督は彼を使うのをやめた。
→誤り。selfishになったのはFred自身であってFred’s teammatesではない(根拠は,3段落の内容及び7段落括弧内“I was selfish.”。)。また,Fredがselfishになったことを良く思わなかったのはFred’s teammatesである(根拠は,本文3段落目7文目)。よって,本肢は主語が入れ替わっている点で誤っている。
ウ Fredはうまく投球し,彼のチームメートはほとんどエラーをせず,そして監督は彼を使うのをやめた。
→誤り。本文後半部分に同様の趣旨の内容の記載があるが,この内容はむしろ「善」の内容である。監督がFredを使うことをやめる原因とはならない。
エ Fredのチームメートは,チームは彼だけのおかげで勝っていると感じ,そして監督は彼を使うのをやめた。
 →誤り。チームがFredだけのおかげで勝っていると感じているのはFred自身である(根拠は,本文3段落目4文目)。よって,主語がFred’s teammatesとなっている点が誤っている。

〔問2〕(配点:4) 解答:イ→ウ→エ→ア
  各肢を並べ替えることによって,内容の流れをつかむとともに,その要旨を捉えることができるかを見る問題である。本文を丁寧に読んだ上で,各肢との適合部分を本文中に見つけ出せばよい,非常に単純な作業である。間違えようがない。
 ア Fredは彼のチームメートに謝った。
 →本文該当箇所は7段落目1行目“I’m so sorry.”
 イ FredはJaneに彼の野球の話をした。
 →本文該当箇所は4段落目3行目後半“He told her his story about baseball.”
 ウ FredはJaneのようになりたいと思い,そのことを彼女に伝えた。
 →本文該当箇所は4段落目5行目後半“He wanted to be like her and told that to her.”
 エ Fredは少年らに加わって,野球の仕方を教えた。
 →本文該当箇所は5段落目

〔問3〕
 空欄に適切な文を挿入することで,内容の理解を見る問題である。空欄以外の部分に本文と共通または同趣旨の内容の文が与えられているので,それを頼りに本文から該当箇所を探し,適切な肢を選べばよい。
(1) (配点:4) 解答:ウ
 「ある夏の日……」と与えられているので,本文2段落目2文目と一致する。この付近の内容と一致する内容が書かれている肢を選ぶ。
 ア Fredのチームメートは彼にピッチャーになるように頼んだ
 →誤り。そのような趣旨のことは本文中のどこにも書かれていない。
 イ 監督がFredに野球部に入るように言った
 →誤り。そのような趣旨のことは本文中のどこにも書かれていない(本文2段落目1文目にただ“…, he joined the baseball club.”とあるから,監督から勧誘があったものとは伺えない。)。
 ウ 監督はFredに良いピッチャーになれると言った
 →正しい。本文2段落目2行目にある。
 エ Fredのチームメートは監督に,彼らの目の前で投球するよう頼んだ
 →誤り。そのような趣旨のことは本文中のどこにも書かれていない。

(2) (配点:4) 解答:イ
 「Fredはチームメートに……と言った。」と与えられているので,Fredがチームメートに話しかけている場面である本文7段落目の付近の内容と一致する内容が書かれている肢を選ぶ。
ア ひとりで野球場を去る
→誤り。そのような趣旨のことは本文中のどこにも書かれていない。
イ うまく投球できるよう最善を尽くす
→正しい。本文7段落目1行目後半にある。
ウ 病院にいる人たちを幸せにする
→誤り。これはJaneがしたことであって,Fredの話ではない(根拠は,本文4段落目4行目)。
エ エラーをしないよう一生懸命練習する
→誤り。エラーをするのはFredのチームメートであって(根拠は,本文3段落目2行目),Fredではない。

(3) (配点:4) 解答:エ
 「Fredが試合で投球し,また勝ったとき」と与えられているので,Fredが再び投球のチャンスが与えられ,試合で勝つことができた場面の本文8段落目付近の内容と一致する内容が書かれている肢を選ぶ。
ア 彼は野球部のただのピッチャーであるということに気付いた
→誤り。本文3段落目3行目後半で,監督がFredに対して同趣旨のことを言ってはいるが,Fred本人がこのように考えている趣旨の内容は本文中のどこにも書かれていない。
イ なぜ彼のチームメートが彼を受け入れないか分かり始めた
→誤り。本文7段落目最終文に“They began to accept him.”とあるから,この時点では,彼はチームメートに受け入れられている。
ウ なぜ監督が彼をピッチャーに抜擢しなかったのかを理解した
→誤り。そのような趣旨のことは本文中のどこにも書かれていない。
エ 彼の周りにいる人たちと良い時間を共有することは素晴らしいことだと感じた
→正しい。本文8段落目2行目後半にある。

〔問4〕
(1) (配点:4)  模範解答:He met her by the river.

  どこでFredは初めてJaneに会ったか。
 →FredがJaneと出会った場面が初めて書かれているのは本文4段落目前半である。そのとき,Fredは川のそばにいると書いてある(本文4段落目1文目)。そこで,「彼(Fred)は彼女(Jane)に川のそばで会った。」という趣旨の文を作る。
  ※まずは問題に的確にこたえること。今回の質問のメインは「どこで」なので,場所の情報は正確に本文中から引用する。メイン質問に対する答え以外の情報は書かなくてよい(その方が解答としてすっきりしていて,採点官への印象が良い。)。また,時制にも注意すること。今回は質問文が過去形で書かれているので,答えも過去形で答えなければならない。さらに,質問文と同一人物に関しては,答えるときは代名詞を用いる。今回はFredとJaneがすでに質問文中に登場しているので,答えるときは代名詞で答える。単に“By the river.”としても誤りではないが,質問がしっかりした文であるのに,解答が不完全な文であるのは無愛想であるから避けた方がよいかもしれない。

(2) (配点:4) 模範解答:He thought, “Doing favorite things can make people happy.”
 Fredはその晩にJaneの言葉を思い出したとき,何を考えたか。
 →この場面は本文6段落目に書かれている。6段落1文目にFredが考えたことが丸々書かれているので,ここから抜き出せばよい。
  ※今回はほぼ抜き出すだけであるのでほとんど問題は生じないが,(1)と同様に主語は代名詞に置き換えなければならないことに注意しなければならない。

以 上



スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

||中央特快||高尾||

Author:||中央特快||高尾||
お疲れ様です。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。