2016-08-14(Sun)

【高校入試】東京都英語平成19年度第4問

(英語)
問題:東京都平成19年度第4問
難易度:Aランク
解答時間の目安:13分

≪問題≫
4 次の文章を読んで,あとの各問に答えよ。
  (*印の付いている単語・語句には、本文のあとに〔注〕がある。)

  When Yumi was a junior high school student, she played video games with her younger brother Akira almost every day. Her parents felt sad to see that and often told her to study more. Her father was a *carpenter. He worked from early morning until late at night every day. But Yumi didn’t know why he worked so hard.
  When Yumi became a high school student, she made a lot of friends, and she began to enjoy learning things. Her life in high school was not so bad. But there was one thing she worried about. When her teacher asked her about her future, she couldn’t say anything. Most of her friends had their own dreams or plans, and they often told each other about them. She felt very sad when she couldn’t join them. She didn’t have any dreams or plans for the future. One night she told her father about that. He smiled and told her to come to his *job site some day. She didn’t know why he told her to do that.
  One day, on her way home from school, she decided to visit her father’s job site. When she got there, Yumi’s father was working with two young carpenters. He was showing them how to *plane a piece of wood. She saw something *professional in him. It was her first *experience to see him at his job site, and she got very excited. She thought her father was great. After a while, her father said to Yumi, “Come here. Let’s have some tea.” He gave a cup of tea to her and asked, “What do you think of my work, Yumi?” Yumi said, “It’s wonderful.” He said, “I have built about thirty houses in about fifteen years. Building a good house takes a long time.” Then she asked him, “Why did you decide to become a carpenter?” He answered, “I wanted to make a lot of people happy through building good houses. When I started to work as a carpenter, it was very hard for me, and I often wanted to give up. But I didn’t. Because my dream was to make a lot of people happy through building good houses. I *kept on working very hard.” She *was moved by her father’s words. They finished drinking the tea. Then a boy *came up to them. The boy was Akira. She was surprised and asked, “What are you doing here?” Akira answered, “I’m here to watch our father. I often come here after school. It’s interesting to watch him at his job site.” Yumi was surprised again and looked at her father. Her father was smiling. Akira was interested in his work! She thought Akira would *probably become a carpenter like him. On their way home, Akira said to Yumi, “I *am proud of our father. What about you?” She answered, “I am, too. Now I know why he told me to come to his job site.” Her father wanted her to know the *significance of working. She thought about her life. After that day, she began to think about her future. She also wanted to make a lot of people happy through her work. That became her big dream. She studied harder, and her school life got better.
  Now Yumi is an *architect and Akira is a carpenter. A lot of people in the town want her to *design their own houses. She is very busy, but she is very glad to make a lot of people happy through her work. Yumi’s big dream has *come true.

〔注〕carpenter 大工  job site 作業現場  plane a piece of wood 木材にかんなをかける  professional プロの
experience 経験  keep on working 働き続ける  be moved 感動する  come up to ~ ~に近寄ってくる
probably おそらく  be proud of ~ ~を誇りに思う  significance 意義  architect 建築
design デザインする  come true 実現する

〔問1〕But there was one thing she worried about.を,次のように書き表すとすれば,【     】の中に,下のどれを入れるのがよいか。
    But Yumi worried because 【     】.
   ア her life in high school was not so bad
   イ she enjoyed learning things in high school
   ウ her father kept on working very hard every day
   エ she didn’t have any dreams or plans for the future

〔問2〕次のア~エの文を,本文の内容の流れにそって並べ,順に記号を書け。
   ア Yumi visited her father’s job site and was excited to see her father.
   イ Yumi began to think about her future.
   ウ Yumi couldn’t say anything when her teacher asked her about her future.
   エ Yumi played video games with Akira almost every day.

〔問3〕次の(1)~(3)の文を,本文の内容と合うように完成するには,【     】の中に,それぞれ下のどれを入れるのがよいか。
   (1) Yumi’s father told Yumi to come to his job site because 【     】.
    ア he wanted her to build a good house
    イ he wanted her to decide to become a carpenter
    ウ he wanted her to know the significance of working
    エ he wanted her and Akira to help him with his work

   (2) Akira often came to his father’s job site because 【     】.
    ア he wanted to see his sister Yumi
    イ he was interested in his father’s work
    ウ he and two young carpenters were friends
    エ he was only interested in playing video games

   (3) Yumi’s school life got better when 【     】.
    ア she found a dream and studied harder
    イ she was moved by her father’s words
    ウ she saw something professional in her father
    エ she was surprised to see Akira at her father’s job site

〔問4〕次の質問に英語で答えよ。
   (1) How did Yumi feel when her friends were talking about their future at high school?
   (2) What has Yumi wanted to do through her work as an architect?



≪解説≫
1.全訳
 Yumiは中学生のとき,弟のAkiraとほとんど毎日テレビゲームをしていた。両親はそれを見て悲しくなり,彼女にもっと勉強をしろとよく言った。彼女の父は大工であった。彼は毎日朝早くから夜遅くまで働いていた。しかしYumiは,なぜ彼がそんなに熱心に働くのか分からなかった。
 Yumiは高校生になると,たくさんの友達をつくり,物事を学ぶことを楽しみ始めた。高校での生活はそんなに悪くはなかった。しかし1つだけ彼女が心配していることがあった。先生が彼女に将来のことについて尋ねると,彼女は答えることができなかった。友達のほとんどが自身の夢や構想を持ち,よくお互いに話し合っていた。彼女はその会話に入れなかったとき,とても寂しく感じた。彼女は将来の夢や構想がなかった。ある夜。彼女は父にそのことを話した。父は笑顔で,そのうち彼の職場へ来るように言った。彼女は彼がなぜそのようにしろと言ってきたのか分からなかった。
 ある日,学校からの帰り道,彼女は父の職場へ行ってみようと決意した。そこへ着くと,父は2人の若い大工と共に働いていた。父は彼らに木材へのかんなのかけ方を見せていた。彼女は彼の職人らしいところを見てとった。彼を職場で見るのは初めての経験であり,彼女はとても高まった。彼女は,父は偉大だと考えた。しばらくすると,父はYumiに「こっちに来な。お茶でも飲もうや。」と言った。彼は彼女に1杯のお茶を差し出して「Yumi,俺の仕事,どう思う?」と尋ねた。Yumiは,「すごい。」と言った。彼は「俺はおよそ15年で大体30棟の家を建ててきたんだ。家を建てるには時間がかかる。」と言った。そのとき彼女は「なんで大工になろうと思ったの?」と尋ねた。彼は「俺は家を作ることで皆を幸せにしてあげようと思ったんだ。大工として仕事を始めた頃は,それはそれは大変で,よくやめてやろうと思った。だが,俺はやめなかった。そりゃあ俺の夢は良い家を作って皆を幸せにすることだからな。俺は一生懸命働き続けた。」彼女は父の言葉に感動した。彼らはお茶を飲み終えた。そのとき,1人の少年が彼らのところに近寄ってきた。それはAkiraだった。彼女は驚いて「ここで何してんの?」と尋ねた。Akiraは「お父さんを見に来たんだ。僕は学校のあとよくここへ来てる。お父さんを職場で見るのが面白いんだ。」と答えた。Yumiはさらに驚いて父の方を見た。父は笑顔だった。Akiraは父の仕事に興味津々なんだ!彼女は,Akiraはもしかしたら彼のように大工になるかもしれないと考えた。帰宅路で,AkiraはYumiに「僕はお父さんのことを誇りに思う。お姉ちゃんはどう?」と言った。彼女は「私もよ。今なら私は,なんでお父さんが私に職場に来るように言ったのか分かるわ。」父は彼女に働くことの意義を知ってほしかったのだ。彼女は自分の人生について考えた。その日以降,彼女は自分の将来について考え始めた。彼女はまた,仕事を通して多くの人たちを幸せにできたらと思った。そのことが彼女の中で大きな夢となった。彼女はより勉強し,学校での生活は一段と良くなった。
 今,Yumiは建築士でAkiraは大工。町の多くの人たちが自身の家を彼女に設計してもらいたがっている。彼女はとても忙しい,しかし,仕事を通して多くの人たちを幸せにできてとても嬉しく思っている。Yumiの大きな夢は実現したのである。

2.各問解答・解説
〔問1〕(配点:4) 解答:エ
 要旨となっている文を解釈することで,本文の内容についての理解を見る問題である。今回は下線部にはっきりworried aboutと書いてあるので,「悪」のイメージの内容が書かれている部分を周辺から探せばよい。
ア しかしYumiは,高校での生活がそんなに悪くなかったため心配していた。
→誤り。本文の流れは「高校での生活はそんなに悪くなかった。(本文2段落目1行目後半)」→(しかし)→「彼女には心配事があった。(本文2段落目2行目下線部)」となっているため,高校での生活が悪くなかったことが心配事になっているわけではない。
イ しかしYumiは,高校で物事を学ぶことが楽しかったため心配していた。
→誤り。本文の流れは「物事を学ぶのを楽しみ始めた。(本文2段落目1行目)」→(しかし)→「彼女には心配事があった。(本文2段落目2行目下線部)」となっているため,高校で物事を学ぶことが楽しかったことが心配事になっているわけではない。
ウ しかしYumiは,父が毎日とても一生懸命働き続けていたため心配していた。
→誤り。Yumiは「なぜ彼がそんなに熱心に働くのか分からなかった。(本文1段落目最終文)」としているのみで,彼女が心配している内容とは書かれていない。
エ しかしYumiは,将来の夢や構想がなかったため心配していた。
→正しい。本文2段落目にある。下線部直後にYumiが先生に将来のことについて聞かれた際に何も答えられず,友達の会話にも入れなかったことが書かれている。それを受けて彼女は悲しく感じている(本文2段落目3行目後半)ことから,当該部分がYumiの心配事の内容だと分かる。

〔問2〕(配点:4) 解答:エ→ウ→ア→イ
 各肢を並び替えることで,内容の流れをつかむとともに,その要旨を捉えることができるかを見る問題である。本文をしっかり読んだうえで,各肢との適合部分を本文中から探し出す。
ア Yumiは父の職場を訪れ,父を見て高まった。
→本文該当箇所は3段落目1行目,3行目 ……she decided to visit her father’s job site.//……and she got very excited.
イ Yumiは将来について考えだした。
→本文該当箇所は3段落目14行目 After that day, she began to think about her future.
ウ Yumiは先生に将来のことについて尋ねられたとき,何も答えられなかった。
→本文該当箇所は2段落目2行目 When her teacher asked her about her future, she couldn’t say anything.
エ Yumiはほとんど毎日Akiraとテレビゲームをしていた。
→本文該当箇所は1段落目1行目 ……she played video games with her younger brother Akira almost every day.

〔問3〕
空欄に適切な文を挿入することで,内容の理解を見る問題である。問題文の空欄以外の部分に記載されている英文を頼りに,同趣旨または一致する該当箇所を本文から探し,適切な肢を選べばよい。
(1) (配点:4) 解答:ウ
  「Yumiの父は,……のために,Yumiに職場に来るように言った。」とあるので,本文2段落目4行目 He smiled and told her to come to his job site some day.と一致するが,ここにはその理由が書かれていない。本文を読み進めると,3段落目13行目にNow I know why he told me to come to his job site.とのYumiの発言がある。そこで,この周辺から理由となる部分を探す。
 ア 彼女に良い家を建ててほしかったため
 →誤り。そのような趣旨のことは本文中のどこにも書かれていない。
 イ 彼女に大工になるように決心してほしかったため
 →誤り。そのような趣旨のことは本文中のどこにも書かれていない。
 ウ 彼女に働くことの意義を分かってほしかったため
 →正しい。本文3段落目13行目後半Her father wanted her to know the significance of working.
 エ 彼女とAkiraに仕事を手伝ってほしかったため
 →誤り。そのような趣旨のことは本文中のどこにもかかれていない。

 (2) (配点:4) 解答:イ
「Akiraは,……のために,よく父の職場を訪れていた。」とあるので,Akiraが父の職場を訪れた理由を表している部分を探せばよい。本文3段落目9行目後半でYumiがAkiraに対しWhat are you doing here?と尋ね,それに対するAkiraの答えが直後に書かれているため,ここに注目する。
 ア Yumiに会いたかったため
 →誤り。そのような趣旨のことは本文中のどこにも書かれていない。
 イ 父の仕事に興味があったため
 →正しい。本文3段落目10行目,11行目後半I’m here to watch our father. …… It’s interesting to watch him at his job site. …… Akira was interested in his work!
 ウ 2人の若い大工と友達だったため
 →誤り。そのような趣旨のことは本文中のどこにも書かれていない。
 エ テレビゲームをすることだけに興味があったため
 →誤り。そのような趣旨のことは本文中のどこにも書かれていない。

 (3) (配点:4) 解答:ア
  「……した頃,Yumiの学校生活はより良くなった。」とあるので,本文3段落目15行目 She studied harder, and her school life got better.と一致する。この文が本段落の最終文となっているので,その直前辺りを探してみる。
 ア 夢を見つけ,より熱心に勉強した頃
 →正しい。本文3段落目15行目 That became her big dream. She studied harder, and her school life got better.
 イ 父の言葉に感動した頃
 →誤り。本文3段落目8行目後半に同様のことが書かれているが,このことが,間接的ではあっても直接的にYumiの学校生活を良くした原因ではない。
 ウ 父の職人らしいところを見てとった頃
 →誤り。このことがYumiの学校生活を良くした原因とは結びつかない。
 エ 父の職場でAkiraを見つけて驚いた頃
 →誤り。このことがYumiの学校生活を良くした原因とは結びつかない。

〔問4〕
 (1) (配点:4) 模範解答:She felt very sad.
  高校で友達らが将来のことについて語り合っているとき,Yumiはどう感じたか。
 →この場面が書かれているのは,本文2段落目である。3行目にShe felt very sad when she couldn’t join them.と書かれているので,ここから抜き出すだけでよい。

 (2) (配点:4) 模範解答:She has wanted to make a lot of people happy.
  Yumiは建築士としての仕事を通して何をし続けたいと思ったか。
 →この場面が書かれているのは,本文3段落目である。14行目にShe also wanted to make a lot of people happy through her work.と書かれている。
  ※質問文では現在完了が用いられているので答えも現在完了を用いる。

以上
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

||中央特快||高尾||

Author:||中央特快||高尾||
お疲れ様です。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード