--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016-08-14(Sun)

【高校入試】東京都英語平成23年度第4問

(英語)
問題:東京都平成23年度第4問
難易度:Aランク
解答時間の目安:13分

≪問題≫
4 次の文章を読んで,あとの各問に答えよ。
  (*印の付いている単語・語句には、本文のあとに〔注〕がある。)

  Hiroki was a third-year student at a junior high school. His school had a chorus contest in March every year. At the end of February, Hiroki and his *classmates were talking about the contest. They wanted to win it. Everyone around Hiroki knew he liked singing and sang very well. One of his classmates said, “Hiroki knows how to sing well. So I want Hiroki to become the *conductor of our chorus.” Everyone agreed. At first, Hiroki wanted to sing with his classmates. But, for his class, he finally agreed and became the conductor. They started to practice after school every day.
  There were two weeks until the contest. Hiroki wanted to make their chorus better and started to give *advice to his classmates. He stopped the practice very often to give advice, and the students weren’t able to enjoy singing. Some of them started to *complain about that. Linda, Hiroki’s classmate from America, said to him, “Hiroki, you give us a lot of advice, but we don’t understand it well.” She looked a little angry. Hiroki said, “Well, I’m going to sing now. Try to sing like me, everyone.” He began to sing in front of the class. His voice was very beautiful. Linda and the other students thought he was a really good singer. They still didn’t know how to sing well. But they stopped complaining and started to practice again. Their teacher, Mr. Nakano, was listening to them outside the classroom. He thought, “They are practicing hard. But they don’t have a good *harmony. They don’t know that.
  Only one week was left before the contest. Hiroki *was worried about the chorus because it was not good yet. Akira, one of his classmates, often sang *off-key. Hiroki stopped the practice and complained to him, “We have practiced hard for a week. But we can’t do well because you sing off-key.” Then Linda shouted, “Stop, Hiroki!” She ran to Hiroki and said, “Akira has also practiced very hard. We all know you can sing very well, but that doesn’t mean you can say anything.” Hiroki was surprised because Linda was very angry. His classmates also looked angry. He didn’t know what to do and left the classroom.
  When Hiroki was going home, he thought, “I said something terrible to Akira. I will *apologize to him tomorrow. But what should I do for the class?” Then, he saw his little brother Ken. Ken was playing soccer with his friends in a park and looked very happy. Hiroki was surprised to see that because he knew Ken was not good at sports. Ken usually didn’t play well, but his friends didn’t complain about that. Sometimes he played well, and his friends said, “Good Ken!” Ken smiled and ran hard. At that time Hiroki thought, “Now I know what I should do for the class. I will practice singing together with my classmates. We need to help each other. That will make good harmony in our chorus.”
  The next day Hiroki said to his classmates, “I was wrong, everyone. I said something terrible to Akira. I’m sorry.” He said to Akira, “Let’s practice singing together. I’ll stand next to you today when we sing.” Akira smiled and said, “Thank you, Hiroki.” The other students also smiled. Hiroki said, “Linda, will you be the conductor today?” “Sure!” Linda answered. She said, “We don’t have much time until the contest. Let’s practice hard to win it!” Everyone said, “Yes!”
  When Mr. Nakano came into the classroom, the students were singing. Hiroki was singing, too. They looked very happy because they were really enjoying singing. After the practice, Mr. Nakano said to them, “You are better than before!” Hiroki said, “Yes, we have good harmony now!”

 〔注〕classmate クラスメート  conductor 指揮者  advice 助言  complain 不満を言う  harmony 調和
    be worried about ~ ~を心配している  off-key 音程を外して  apologize to ~ ~に謝る

〔問1〕They don’t know that. の内容を,次のように書き表すとすれば,【     】の中に,下のどれを入れるのがよいか。
    They don’t know 【     】.
   ア Linda is a little angry.
   イ Hiroki is a really good singer
   ウ they don’t have good harmony
   エ only one week is left before the contest

〔問2〕次のア~エの文を,本文の流れに沿って並べ,順に記号で書け。
   ア Hiroki stopped the practice and said something terrible to Akira.
   イ Hiroki asked Linda to be the conductor and sang with his classmates.
   ウ Hiroki started to give advice to his classmates to make their chorus better
   エ Hiroki thought his class needed to help each other and apologized to his classmates.

〔問3〕次の(1)~(3)の文を,本文の内容と合うように完成するには,【     】の中に,それぞれ下のどれを入れるのがよいか。
   (1) Hiroki’s classmates wanted him to become the conductor because 【     】.
    ア he was not good at singing
    イ they knew he didn’t like singing
    ウ they thought he knew how to sing well
    エ he really wanted to become the conductor

   (2) Linda was very angry because 【     】.
    ア Akira often sang off-key
    イ Hiroki left the classroom
    ウ the chorus was not good yet
    エ Hiroki said something terrible to Akira

   (3) When Hiroki saw Ken in a park, 【     】.
    ア Ken looked very happy
    イ Hiroki said to him, “Good, Ken!”
    ウ Hiroki thought Ken was good at sports
    エ one of Ken’s friends complained to Ken

〔問4〕次の質問に英語で答えよ。
   (1) What did Hiroki decide to do for the class after he saw Ken in a park?
   (2) Why did the students look very happy when Mr. Nakano came into the classroom?



≪解説≫
1.全訳
 Hirokiは中学3年生であった。彼の学校では毎年3月に合唱コンテストがあった。2月の終わりに,Hirokiとクラスメートはコンテストについて話し合っていた。彼らはそれで優勝したかった。Hirokiの周りの生徒たちは皆,彼は歌うことが好きで,歌うのがとてもうまいことを知っていた。クラスメートの1人は「Hirokiならうまい歌い方を知ってるさ。だから,俺はHirokiに合唱の指揮者になってほしい。」と言った。皆賛成した。はじめは,Hirokiはクラスメートと一緒に歌いたかった。しかし,クラスのために,彼は最終的に同意して指揮者になった。彼らは毎日放課後に練習をしだした。
 コンテストまでは2週間。Hirokiは合唱をよりよくしようと,クラスメートにアドバイスをし始めた。彼はアドバイスをするためにかなり頻繁に練習を止めたため,生徒たちは歌うことを楽しめなかった。数人の生徒がそのことについて文句を言い始めた。アメリカ出身のクラスメートであるLindaは「Hiroki,あなたはたくさんアドバイスをくれるけど,私たちにはそれがよく分かんないわ。」と彼に言った。彼女は少し怒っているように見えた。Hirokiは「じゃあ,俺が今歌ってみせる。みんな,俺みたいに歌ってみてくれ。」と言った。彼は全員の前で歌いだした。彼の歌声はとてもきれいだった。Lindaや他の生徒は,彼は本当に上手に歌うなと思った。彼らは未だうまい歌い方が分かっていなかった。しかし,彼らは文句を言うのをやめて,練習を再開した。担任のNakano先生は,それを教室の外で聞いていた。彼は「皆かなり一生懸命練習しているな。だが彼らには調和が足りない。そのことを彼らは分かっていないんだ。」と思った。
 コンテストまで残された時間は1週間のみだった。Hirokiは未だ合唱が良くならないため,心配していた。クラスメートの1人であるAkiraはよく音程を外して歌っていた。Hirokiは練習を止めて彼に「俺らは1週間一生懸命練習をしてきた。だけど,君が音程を外して歌うせいで俺らがうまく歌えないじゃないか。」と文句を言った。するとLindaが「やめなさいよHiroki!」と叫んだ。彼女はHirokiのもとへ駆け寄って「Akiraだって一生懸命練習しているじゃない。私たちは皆あなたは歌がうまいことを知ってるわ,だけどだからといってあなたが何を言ってもいいということにはならないのよ。」と言った。HirokiはLindaが激怒していたため驚いた。クラスメートも同じく怒っているようだった。彼はどうしていいか分からず教室を去った。
 家へ帰るとき,Hirokiは「俺はAkiraにひどいことを言っちまった。明日謝ろう。だけど,俺はクラスのためにどうしたらいいんだ。」と考えた。すると,彼は弟のKenを見かけた。Kenは公園で友達とサッカーをしていて,とても楽しそうだった。彼はKenがスポーツが苦手だということを知っていたので,それを見て驚いた。Kenはほとんどうまくプレーできていなかったが,それについて友達が文句を言うことはなかった。たまにうまいプレーをすると,友達は「いいねKen!」と言った。Kenは笑顔になって,懸命に走った。その時Hirokiは「やっと俺はクラスのために何をすべきか分かった。クラスメートと一緒に歌う練習をしよう。互いに助け合う必要があるんだ。そうすれば合唱にも良い調和が生まれるだろう。」と思った。
 次の日,Hirokiはクラスメートに「みんな,俺が間違っていた。Akiraにもひどいことを言ったと思う。ほんとにすまなかった。」と言った。彼はAkiraに「一緒に練習しよう。歌うときに隣に立っているよ。」と言った。Akiraは微笑んで,「Hiroki,ありがとう。」と言った。他の生徒も笑顔だった。Hirokiは「Linda,今日は君が指揮者になってくれるかい。」と言った。「もちろん!」とLindaは応えた。彼女は「コンテストまで時間はないわ。優勝するために一生懸命練習するわよ!」と言った。皆「おう!」と言った。
 Nakano先生が教室に入ってきたとき,生徒たちは歌っていた。Hirokiもである。彼らは歌うことを楽しんでいて,とても楽しそうに見えた。練習のあと,Nakano先生は「前よりも良くなっているぞ!」と彼らに言った。Hirokiは「はい,今なら俺たちは調和のとれた合唱ができます!」と言った。

2.各問解答・解説
〔問1〕(配点:4) 解答:ウ
 要旨となっている文を解釈することで,本文の内容についての理解を見る問題である。Theyとは,Hiroki,Lindaとそのクラスメートを指している。本問では指示代名詞thatの内容が問題となっているので,直近の文からHirokiとそのクラスメートが知らないこととして適切な内容となる部分を探し出せばよい。
ア Lindaが少し怒っていることを彼らは知らない。
→誤り。本文2段落目4行目にShe looked a little angry.とあるが,これはHiroki目線での話である。とすると,少なくともHirokiはLindaが少し怒っていることを知っているので,Hirokiを含めてだれもLindaが少し怒っていることを知らないとしている点で本肢は誤っている。
イ Hirokiが歌を歌うのが本当に上手だということを彼らは知らない。
→誤り。本文2段落目5行目にLinda and the other students thought he was a really good singer.とあるので,クラスメートは,Hirokiは歌がうまいことを知っている。
ウ 彼らには調和が足りないということを彼らは知らない。
→正しい。thatは代名詞だから,なるべく近くの内容を指している。そうすると,本問下線部の直前にBut they don’t have a good harmony.と書かれており,これをthatの内容としても文の流れとしてもおかしくない。
エ コンテストまで1週間しかないことを彼らは知らない。
→誤り。本問下線部は本文2段落目に書かれているところ,2段落目の話の時点では,There were two weeks until the contest.(1行目)とあるので,時系列が誤っている。

〔問2〕(配点:4) 解答:ウ→ア→エ→イ
各肢を並び替えることで,内容の流れをつかむとともに,その要旨を捉えることができるかを見る問題である。本文をしっかり読んだ上で,各肢との適合部分を本文中から探し出す。
ア Hirokiは練習を止めて,Akiraにひどいことを言った。
→本文該当箇所は3段落目2行目 Hiroki stopped the practice and complained to him,…… とあり,complainedの内容は4段落目1行目でI said something terrible to Akira.としている。
イ Hirokiは,Lindaに指揮者になるよう頼み,クラスメートと一緒に歌った。
→本文該当箇所は5段落目~6段落目Linda, will you be the conductor today? ~ Sure! …… Hiroki was singing, too.
ウ Hirokiはクラスメートに,合唱をよりよくするためにアドバイスをしはじめた。
→本文該当箇所は2段落目1行目 Hiroki wanted to make their chorus better and started to give advice to his classmates.
エ Hirokiは,クラスには互いに助け合うことが必要であると考え,クラスメートに謝った。
→本文該当箇所は4段落目5行目,5段落目1行目 We need to help each other. …… I’m sorry.

〔問3〕
 空欄に適切な文を挿入することで,内容の理解を見る問題である。空欄以外の部分に記載されている英文から,同趣旨または一致する該当箇所を本文中から探し出し,適切な肢を選ぶ。
(1) (配点:4) 解答:ウ
  「……のため,クラスメートはHirokiに指揮者になってほしかった。」とあるので,本文1段落目3行目 So I want Hiroki to become the *conductor of our chorus. ~ Everyone agreed.と一致する。Hirokiに指揮者になってほしいと思った根拠を表している肢を選ぶ。
 ア 彼は歌を歌うのが苦手だったため
 →誤り。本文1段落目2行目にEveryone around Hiroki knew he liked singing and sang very well.とあるので,彼は歌を歌うのが苦手だったとしている点で誤っている。
 イ 彼は歌を歌うのが好きではないということを彼らは知っていたため
 →誤り。アの解説参照。
 ウ 彼は歌のうまい歌い方を知っていると彼らは考えたため
 →正しい。Soは順接で,直前の内容を理由として文を続ける場合に用いるので,直前にあるHiroki knows how to sing well.が根拠になっていると考えられる。
 エ 彼は本当に指揮者になりたかったため
 →誤り。本文1段落目4行目にAt first, Hiroki wanted to sing with his classmates.とあるので,彼はむしろ指揮者になろうという意志はなかったものと考えられる。

 (2) (配点:4) 解答:エ
  「……のため,Lindaはかなり怒っていた。」とあるので,本文3段落目4行目 Hiroki was surprised because Linda was very angry.と一致する。Lindaが激怒した原因を表している肢を選ぶ。
 ア Akiraが音程を外して歌っていたため
 →誤り。Akiraが音程を外して歌っていることを咎めているのはHirokiであり,LindaはAkira has also practiced very hard.(3行目)というように,Akiraを庇っている。
 イ Hirokiが教室を出ていったため
 →誤り。Hirokiが教室を出ていったのは,Lindaに激怒されどうしていいか分からなくなったためであり,順序が逆である。
 ウ 合唱が未だうまくなっていなかったため
 →誤り。合唱が未だうまくならず心配していたのはHirokiであり,Lindaが激怒した原因ではない。
 エ HirokiがAkiraにひどいことを言ったため
 →正しい。

 (3) (配点:4) 解答:ア
  「Hirokiが公園でKenを見たとき,……」とあるが,この場面は本本文4段落目に書かれている。4段落目に書かれている事実と合致している肢を選ぶ。
 ア Kenはとても楽しそうだった
 →正しい。2行目にKen was playing soccer with his friends in a park and looked very happy.とある。
 イ Hirokiは彼に「いいね,Ken!」と言った
 →誤り。このように言ったのはKenの友達であって,Hirokiではない。
 ウ Hirokiは,Kenはスポーツが得意だと思った
 →誤り。Hirokiはhe knew Ken was not good at sports.(3行目)というように,Kenは現にスポーツが苦手であるということを知っており,また,Ken usually didn’t play well, ……とあるので,Kenはスポーツが得意だという事情も書かれていない。
 エ Kenの友達の1人が彼に文句を言った
 →誤り。3行目にbut his friends didn’t complain about that.とある。

〔問4〕
 (1) (配点:4) 模範解答:He decided to practice singing together with his classmates.
  Hirokiは公園でKenを見かけた後,クラスのために何をしようと決めたか。
 →この場面が書かれているのは本文4段落目である。HirokiがKenを公園で見掛けた後に考えたことが4行目At that time ~からはじまる。Kenがしようと決めたことであるから,主語がKenのみを指している文,すなわちI will practice singing together with my classmates.を抜き出したうえで,質問文の形に合うように書きかえる。

 (2) (配点:4) 模範解答:Because they were really enjoying singing.
  Nakano先生が教室に入ったとき,なぜ生徒はとても楽しそうだったか。
 →この場面が書かれているのは本文6段落目であるが,They looked very happy because they were really enjoying singing.と,設問と同内容のことが直接書かれている部分があるので,理由となる部分のみを抜き出して書けばよい。

以上
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

||中央特快||高尾||

Author:||中央特快||高尾||
お疲れ様です。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。